ワイルド・オーガニック・エクストラクション Wild Organic Extraction

2,354円(税174円)

250mlボトル 2180円500mlボトル 3280円250mlボトル・12本セット 22236円(15%off)500mlボトル・6本セット 16728円(15%off)
2,354円(税174円)
在庫なし
3,542円(税262円)
在庫なし
24,015円(税1,779円)
在庫なし
18,066円(税1,338円)
在庫なし
サイズ(選択してください)
購入数
日本発売記念キャンペーンにつき、「特製ポアラー(注ぎ口)」無料プレゼント致します。
3,000円以上の購入で送料無料・代引き手数料無料

世界のオリーブオイルの約四分の一は、スペインのアンダルシア地方で生産されます。この地方のSegura国立公園の近くに位置し、オリーブオイルの聖地と呼ばれるUbedaという古くからの街でCan Solivera社はWild Organic Extractionオリーブオイルを冷温抽出し生成します。

Arbequina種のオリーブの木は20世紀末に、Jaenの農家が栽培を始めました。 この地域は標高600mに位置し、オリーブの栽培に有害なDacus Oleiという白ハエがまったく発生しません。(これより低い高度での農家を恐怖に陥れている悪名高い白ハエです)

このオリーブは、非常に早期に収穫された果実を使うことと、この地域の地盤条件や気候の性質が折り合い、非常にフルーティーな味わいを持っています。このオリーブを19ºC以下に非常に低温に制御した環境で抽出した、一番搾りのみを使用しています。

弊社のWild Organic Extractionオリーブオイルは遠心分離を使った機械的な冷温抽出によって得られた一番絞りのみでできています。これらの近代的で穏やかな方法は、比重差を利用してオリーブジュース(アルペチン)からオイルを分離します。低温(最大19ºC)を維持することによって、本来の香りと味を可能な限り維持されます。

産地:The foothills of the Sierra Morena mountain range near the town of Bailén, Jaén, Andalucia, Spain
収穫時期:10月
製法:現代式の遠心分離による19度以下での冷製抽出
味:青刈りによる最もフルティーなアルベキーナの味が楽しめます。アーモンドやリンゴのノートと口の中にわずかに心地よい苦味があります。アルベキーナの典型的な10秒後のぴりっとした後味も顕著に感じられます。

商品名   : ワイルド・オーガニック・エクストラクション
パッケージ : 250ml瓶入り(単品 or 12本入りケース)、500ml瓶入り(単品 or 6本入りケース)
原産国   : スペイン
商品価格  : 2,180円(税別)〜3,280円(税別)


真にオリーブオイルを愛する人の為のオーガニック・オリーブオイル 『カン・ソリベラ』

「カン・ソリベラ」は、スペイン・カタローニャ地方の「アルベキーナ種」発祥の地とされるアルベカ村近郊で、昔ながらの製法にこだわって作られたエキストラバージン・オリーブオイルです。収穫量が少なく高価なことで知られる「アルベキーナ種」は、ナッツ、アップル、バナナ、アーティチョークを感じさせるマイルドでフルーティーな風味とほのかに香るペッパーのような後味が特徴とされています。アルベキーナの名称は、アルベカ村がその由来となっています。

「カン・ソリベラ」のオリーブ畑は、オーナーであるハンスとダイダ夫妻が1970年代にこの地に入植して以来、45年以上にわたり手をかけ続けて来ました。

◇ 世界No1のレストランに愛されて ◇
イギリスの”The Restaurant Magazine”誌掲載「世界のべストレストラン50」にて、2013年と2015年の2度世界1位の栄光に輝いたレストラン「カン・ロカ」が、ソリベラのオリーブオイルを数年にわたり使い続けています。

(我々は、宣伝を目的としてレストランに無料でオリーブオイルを配ることは行っておりません。)


◇ 丁寧に、自分たちの目が届く範囲で生産する ◇
「カン・ソリベラ」のオリーブオイルは、オリーブの生産からオイルの抽出まで全ての工程が、ハンスとダイダ夫妻を初めとするファミリーによって行われています。

完成したオリーブオイルは勿論、「シングル・エステート」(一つの畑から採取されたオリーブのみを使って作られたオイル)
イタリアに代表される大手のオリーブオイル生産企業は、世界中からオリーブを買い集めて大量のオイルを生産しますが、それらの対極にあるのが「カン・ソリベラ」のオリーブオイル製法であると言えます。


◇ 品評会に参加しない理由 ◇
オーナーであるハンスとダイダの方針により、「カン・ソリベラ」のオリーブオイルはいかなる品評会にも参加しませんし、今後もその予定はありません。
なぜなら我々は、ほとんどの品評会における賞はお金を払って買うことができるということを知っているからです。私たちは、お客様に自分の舌で判断してもらい商品の購入を決めて欲しいと考えています。

欧州の多くの著名レストランが「カン・ソリベラ」を採用しているのも、全て実際にテイスティングされた結果です。また我々は、宣伝を目的としてレストランに無料でオリーブオイルを配ることは行っておりません。】


◇ 美食の街 スペイン・ジローナ ◇
スペインには、美食で著名な街が2つあります。
1つ目は、スペイン北部のサン・セバスチャン。
狭い街にミシュランの星付きレストランがひしめき合っています。(面積あたりの星付きレストランが世界一多い)
2つ目は、南部カタローニャのジローナ。
「カン・ソリベラ」のお膝元です。「カン・ソリベラ」で開催されるオリーブオイル畑を巡るガイドツアーは、ヨーロッパ諸国からの観光客に大変な人気です。
これらの顧客が求める厳しい味の基準が、「カン・ソリベラ」のスタンダードとなっています。


◇ 「ただ、味わって貰うだけでいい」 ◇
・ EUのレストラン・シェフ、オーナーに
・ 美味しいものを求める方々に
オリーブオイルを心から愛する方々には、「カン・ソリベラ」のオリーブオイルを味わって頂くだけで違いを分かって頂けます。

全てのエキストラ・バージン・オリーブオイルの酸度は、0.8%未満でなければなりませんが、我々は常に基準値を大きく下回っています。たとえば、私たちの最新の収穫の100%Arbequinaは0,19%を、Wild Organic Extractionでは0,12%を示しています。(EVOOに認証された独立研究機関調べ)

現在のEU法では、ラベルにはオリーブオイルの酸性度を示すことは許可されません。なぜなら、どんなに酸化したオリーブオイルでも化学工場が化学薬品でオリーブオイル内のすべての酸性度を中和し、精製することにより、酸度0%のオリーブオイルをつくることが可能だからです。